日清カップ、谷口が暫定首位 日本プロ選手権、第3日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第3日、9番でバーディーを決めガッツポーズする谷口徹。通算7アンダーで暫定首位に立った=かねひで喜瀬CC

 日本プロ選手権日清カップ第3日(13日・沖縄県かねひで喜瀬CC=7217ヤード、パー72)雷雲接近でスタートが5時間遅れたために日没サスペンデッドとなり、12人がプレーを終えられなかった。通算19勝の谷口徹が4ホールを残し、3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーで通算7アンダーの暫定首位。残り3ホールの小平智と残り4ホールの宮里優作が5アンダーの暫定2位とした。

 71で回った市原弘大と残り3ホールの今平周吾が4アンダーの暫定4位。3アンダーに片山晋呉、藤本佳則らがいる。(出場61選手、雨、気温22・9度、南南西の風2・9メートル、観衆1899人)