北朝鮮が弾道ミサイル発射

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北朝鮮・平安北道、亀城、日本

 北朝鮮は日本時間の14日午前5時28分ごろ、北西部亀城付近から東北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると、約30分で約800キロ飛行し、日本海に落下した。到達高度は2千キロ超で過去最高とみられる。稲田朋美防衛相は「新型だった可能性がある」と述べた。通常より高い高度の「ロフテッド軌道」を使って飛行距離を抑えた可能性が高く、実際の射程は4千キロを超える恐れがある。

 韓国では10日、南北関係改善に意欲を示す文在寅大統領による革新政権が発足したばかり。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は核・ミサイル開発を継続する姿勢を鮮明にした。