二階幹事長「明らかな挑発行為」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 与野党から14日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を批判する声が相次いだ。自民党の二階俊博幹事長は訪問先の北京で記者団に「北東アジア地域と国際社会の安全保障に対する明らかな挑発行為だ」と非難した。

 中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をテーマにした初の国際会議の当日に発射されたことに懸念を表明。「日本は中国と緊密に連携しながら、北朝鮮に挑発行動の自制を強く求める」と述べた。

 自民党は北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の会合を党本部で開き、政府側から新型ミサイルの可能性があると説明を受けた。