ホッケー協会会長に中曽根氏有力 元外相の参院議員

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本ホッケー協会の新会長に、元外相の中曽根弘文参院議員(71)の就任が有力な情勢になっていることが14日、関係者への取材で明らかになった。13日の理事会で人事案が固まり、6月の総会と理事会を経て会長に選出される見込み。2020年東京五輪へ向けて求心力が期待され、政財界に幅広い人脈がある新会長のもとで日本協会の組織体制の強化を図る。

 日本スケート連盟と日本自転車競技連盟の会長職を務める橋本聖子参院議員(52)の理事就任も確実となっている。