強く糾弾と韓国大統領 対話は北朝鮮の変化後

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 韓国の文在寅大統領

 【ソウル共同】北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、韓国の文在寅大統領は14日、発射は「国連安全保障理事会決議に明白に違反するだけでなく、朝鮮半島と国際的な平和への深刻な挑戦で、強く糾弾する」と述べた。

 大統領府が明らかにした。文氏は「北朝鮮との対話の可能性を念頭に置いているが、北朝鮮が判断を誤らないよう挑発には断固とした対応をとらねばならない」とも述べ、対話は北朝鮮が態度を変えてから可能になることを強調したという。

 文氏は、外交・安保関連の閣僚や高官が出席する国家安全保障会議(NSC)に出席して述べた。