自民、安保法制との整合性図る 首相の改憲提案

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の下村博文幹事長代行は14日のNHK番組で、憲法9条1、2項を維持したまま自衛隊を位置付けるとした安倍晋三首相の改憲案に関し、安全保障法制で集団的自衛権の行使を容認した際の憲法解釈との整合性を図りつつ、党内議論を進める考えを示した。

 下村氏は「9条1、2項と矛盾がない表現を書き込むことで、安保法制との整合性を取るのは当然必要だ」と述べた。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は、首相が2020年までの改憲施行を提起したことについて「期限を区切らないで合意を図っていくことが、『急がば回れ』で結局は早道になるのではないか」との見解を示した。