プーチン氏が北京でピアノ演奏 習氏との会談前に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 14日、北京の釣魚台迎賓館でピアノを弾くロシアのプーチン大統領(AP=共同)

 【北京共同】ロシアのプーチン大統領は14日、中国の習近平国家主席との会談を待つ間、北京の釣魚台迎賓館に置かれていたピアノを同行記者の前で弾いて見せた。演奏したのは、ソ連時代の流行歌「モスクワの窓々」など2曲。ペスコフ大統領報道官は、会談のために用意された文書に目を通す合間に演奏したと説明した。タス通信などが伝えた。

 プーチン氏は2014年にモスクワの大学生を前に弾くなど、以前にもピアノ演奏を披露したことがある。