バスケ川崎、栃木など連勝で4強 Bリーグ、準々決勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 A東京―三遠 第2クオーター、シュートを決めるA東京・田中(右)=代々木第二体育館

 バスケットボール男子のBリーグ初代王者を決めるプレーオフのチャンピオンシップは14日、栃木県の宇都宮市体育館などで準々決勝(2戦先勝方式)第2戦4試合が行われ、川崎、栃木、三河、A東京がいずれも2連勝で4強入りした。準決勝は川崎―A東京、栃木―三河の顔合わせ。

 東地区1位の栃木は同3位でワイルドカードの千葉を77―70で下した。

 リーグ最高勝率で中地区1位の川崎は同3位でワイルドカードのSR渋谷を98―82で退けた。

 西地区1位の三河は同2位の琉球を81―75で下した。東地区2位のA東京は中地区2位の三遠に83―74で勝った。