東芝に4千億円の債務保証要求か 米電力、原発建設で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】ロイター通信は14日、経営破綻した米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に原発2基を発注した電力会社サザン・カンパニーなどが、東芝に約36億ドル(約4080億円)の債務保証を要求することで合意したと報じた。関係者の話としている。

 この原発2基の建設を巡り東芝は債務保証しているが、サザン側は保証額を一部減額した上で3年以上かけて支払えるようにするとしている。確定はしていない。

 サザン側は南部ジョージア州にあるボーグル原発で、WHに2基の建設を発注した。WHの破綻を受け、建設計画を見直すかどうかの検討を続けている。