名古屋城前の金シャチ横丁起工式 来春にも開業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 名古屋城前で行われた「金シャチ横丁」の起工式=15日午前

 名古屋市の名古屋城前に城下町の町並みを再現した商業施設「金シャチ横丁」の起工式が15日、行われた。整備は同市の広告会社「新東通信」などの企業が担う。「なごやめし」が楽しめるといい、2018年春の開業を目指す。

 市によると、金シャチ横丁は、伊勢神宮門前の「おかげ横丁」(三重県伊勢市)がモデルで、施設は城の門前2カ所に分かれる。正門側は、みそカツなどの名物が味わえる伝統的な店を設け、東門側は若手経営者の飲食店で構成する。土産物屋も含め、それぞれ8店舗程度が並ぶ計画だ。

 施設の設置や運営は民間が担い、市は7800万円を上限に周辺整備を実施する。