東京円、113円台前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 週明け15日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比21銭円高ドル安の1ドル=113円39~40銭。ユーロは49銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円88~92銭。

 12日に発表された4月の米消費者物価指数など低調な経済指標を背景に、米国の早期利上げ観測がやや後退し、ドルを売って円を買う動きが優勢だった。

 市場では「北朝鮮による弾道ミサイル発射など、国際情勢の緊迫化も円買いにつながっている」(外為ブローカー)との声があった。