学校再開へ工事の安全祈願、福島 避難解除の飯舘

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福島県飯舘村の学校施設工事の安全祈願祭で、くわ入れをする菅野典雄村長=15日午前

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が大部分で解除された福島県飯舘村で15日、来春の幼稚園と小中学校の再開に向け、施設工事の安全祈願祭が行われた。村は学校再開を復興の第一歩と位置付けている。

 村の六つの幼稚園と小中学校は原発事故で村外の仮設校舎に移転、現在、計139人が通う。放射線の影響を不安視する保護者もおり、このうち何人が来春、村に戻るかは不透明だ。

 菅野典雄村長はこの日、村立飯舘中で工事の安全を願いくわ入れをした後「子どもたちの教育環境を整備するための事業で、村の復興の基礎になることを願う」とあいさつした。