田中、最多8失点で2敗目 青木は第1試合無安打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アストロズとのダブルヘッダー第2試合の2回、ジラルディ監督に降板を告げられたヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは14日、各地で行われ、ニューヨークでのヤンキース―アストロズのダブルヘッダー第2試合で先発の田中は4本塁打を含む7安打を浴びて自身メジャー最多の8失点で二回途中に降板し、6試合連続勝利は成らず2敗目(5勝)を喫した。試合は7―10。

 青木は第1試合に「9番・左翼」でフル出場し、3打数無安打、1四球2三振だった。チームは6―11で敗れ、連勝は5で止まった。第2試合には出ず、日米通算2千安打まであと13本のまま。

 マーリンズのイチローはブレーブス戦に出場しなかった。チームは3―1で勝ち、連敗を5で止めた。