マインツ武藤に高評価 独メディア、ドルトムント香川も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 Eフランクフルト戦の後半、勝ち越しゴールを決めるマインツの武藤(右)=マインツ(共同)

 【ケルン(ドイツ)共同】13日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、アイントラハト・フランクフルト戦に途中出場したマインツの武藤嘉紀とアウクスブルク戦にフル出場したドルトムントの香川真司が、15日付の専門誌キッカーと大衆紙ビルトからいずれも2の高い評価を得た。

 採点は最高が1で最低が6。武藤は今季5点目となるゴールでチームの逆転勝ちに大きく貢献し、香川は同点ゴールをアシストした。

 ダルムシュタット戦にフル出場したヘルタの原口元気には、両メディアが3をつけた。