東京六大学、慶大が勝ち点3首位 第6週、明大に連勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京六大学野球リーグ第6週第2日は15日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、慶大が明大に3―0で連勝して勝ち点3とし、首位に立った。立大は早大に5―4でサヨナラ勝ちし、1勝1敗とした。

 慶大は菊地が郡司の3号ソロなどで挙げた3点を守り、リーグ戦初先発初完封で今季初勝利をマークした。立大は同点に追い付かれた直後の九回に代打大東が右越えにサヨナラ三塁打。1年生の中川が初勝利をマークした。