受動喫煙防止策、自民が議論再開 厚労相異例の出席、理解求める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 自民党厚生労働部会であいさつする塩崎厚労相=15日午後、東京・永田町の党本部

 自民党は15日、受動喫煙防止策を巡り、3カ月ぶりに厚生労働部会を開き、対策を強化する厚労省案と喫煙を認める例外を拡大する党の対案について議論した。部会には塩崎恭久厚労相が出席し、防止策徹底に理解を求めた。党の部会で閣僚が自ら説明するのは異例。

 焦点は飲食店の扱い。厚労省案では、喫煙を認めるのは未成年が利用しない小規模のバーやスナックに限定。面積も約30平方メートル以下を想定する。一方の自民党案は、店の種類にかかわらず店頭表示で喫煙を認める内容。面積の基準は未定だが、厚労省案から大きく後退するのは間違いない。