ツシマヤマネコ2匹誕生、京都 移送ペアの子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 京都市動物園で生まれたツシマヤマネコの赤ちゃん=13日

 京都市動物園(同市左京区)は15日、国の天然記念物ツシマヤマネコの雄と雌の赤ちゃん計2匹が11日に帝王切開で生まれたと発表した。親のペアは2015年に繁殖のため福岡市動物園から移されていた。

 京都市動物園によると、赤ちゃんを取り出した際、雌は呼吸をしていなかったが、蘇生し、現在は2匹とも元気に母乳やミルクを飲んでいるという。当面、保育器の中で育て、一般公開はしない。人工保育は国内初という。

 ツシマヤマネコは長崎県・対馬にのみ生息。環境悪化で減少し、野生の個体数は最大100匹程度とみられる。生まれた2匹も含め、国内では35匹が飼育されている。