元競泳の松田氏ら6人当選 JOCアスリート委員選挙

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本オリンピック委員会(JOC)は15日、現役選手の声を運営に反映するために新設したアスリート委員会委員の選挙で、競泳男子で五輪4大会連続出場の松田丈志氏ら6人が当選したことを発表した。任期は4年。

 7人が立候補し、他に女子でトライアスロンの上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)、ラグビーの中村知春(アルカス熊谷)、男子は陸上の沢野大地(富士通)、元フェンシングの千田健太氏、ボートの中野紘志(新日鉄住金)が入った。リオデジャネイロ五輪柔道女子銅メダルの中村美里(三井住友海上)が落選した。