サッカーU―20日本が競り勝つ 親善試合のホンジュラス戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本―ホンジュラス 後半、ヘディングでゴールを決める板倉(右)=静岡

 20日に韓国で開幕するサッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する日本は15日、静岡スタジアムで行われた国際親善試合で同大会出場国のホンジュラスに3―2で競り勝った。本番前、最後の実戦で勝利を収めた。

 日本は前半、CKから小川(磐田)が先制。前半のうちに逆転されたが、後半に坂井(大分)のPKで追い付き、板倉(川崎)が勝ち越しゴールを奪った。15歳の久保(FC東京ユース)は後半途中から出場した。

 日本は17日に現地入りし、1次リーグD組で21日に南アフリカ、24日にウルグアイ、27日にイタリアと対戦する。