レスリング、樋口や高橋らが帰国 アジア選手権男子フリースタイル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 レスリングのアジア選手権から帰国し、メダルを手にポーズをとる(左から)山本泰輝、鴨居正和、高橋侑希、中村百次郎、樋口黎=16日、成田空港

 レスリングのアジア選手権に出場した男子フリースタイルの日本代表が16日、開催地のニューデリーから成田空港に帰国した。リオデジャネイロ五輪57キロ級銀メダリストで、今大会は61キロ級に出場して3位の樋口黎(日体大)は「最後の詰めが甘かった。守りの弱い部分が出た」と反省した。

 リオ五輪後はパワーアップを目指して61キロ級に挑戦している。「階級を上げたけど強豪との差は感じなかった。アジアのレベルを知れてよかった」と収穫も口にした。

 男子の日本勢でただ一人優勝した57キロ級の高橋侑希(ALSOK)は「終始自分のペースで攻めることができた」と収穫を強調した。