習主席、日中関係改善に意欲示す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中国の習近平国家主席(右端)と会談する自民党の二階幹事長(左端)=16日、北京の釣魚台迎賓館(共同)

 【北京共同】自民党の二階俊博幹事長は16日、中国の習近平国家主席と北京で会談した。習氏は「歴史をかがみに未来に向かう精神に基づき、両国が歩み寄って関係を正しい方向に発展させたい」と述べ、日中関係改善に意欲を示した。二階氏は北朝鮮情勢を巡り、日中の連携を求めた。安倍首相の親書を手渡し、習氏を含めた中国要人の訪日を要請した。

 習氏は、二階氏の訪日招請に対し「中国のハイレベルの要人が訪日する機会を捉え、友好関係の促進へ向けて努力しよう」と応じた。親書は、北朝鮮問題や中国の経済圏構想「一帯一路」を巡る協力や、適切な時期の双方による首脳相互訪問の実現を求めた内容。