柔道、朝比奈らGS大会へ出発 世界選手権に向け進化期す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ロシアへの出発を前に取材に応じる柔道女子日本代表の朝比奈沙羅=16日、成田空港

 柔道の男女日本代表が16日、グランドスラム・エカテリンブルク大会(20、21日・ロシア)に向けて成田空港から出発し、世界選手権(8~9月・ブダペスト)代表で女子78キロ超級の朝比奈沙羅(東海大)は「いい形で世界選手権につなげたい」と意気込みを語った。

 得意の払い腰に頼らず、闘いの幅を広げることを今大会のテーマに挙げ「足技で崩してからの寝技への移行が大事になる」。リオデジャネイロ五輪女子48キロ級3位の近藤亜美(三井住友海上)も「全試合で違う技を試す」と世界選手権に向けて進化を期した。