NHLペンギンズ雪辱で1勝1敗 プレーオフ東決勝第2戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 セネタース戦で決勝ゴールを決め、喜ぶペンギンズのケセル(左)=15日、ピッツバーグ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】北米プロアイスホッケー、NHLのプレーオフは15日、ピッツバーグで東カンファレンス決勝(7回戦制)第2戦が行われ、昨季スタンリー・カップ覇者のペンギンズがセネタースを1―0で下して対戦成績を1勝1敗とした。GKフルーリーがシュート23本を防ぐ好守で貢献し、第3ピリオドにケセルが決勝点を挙げた。