6月末に米韓首脳会談へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日米中ロなどに派遣する特使らとの昼食会に出席した韓国の文在寅大統領(中央)。左は日本への特使を務める与党「共に民主党」の文喜相議員=16日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国大統領府は16日、文在寅大統領とトランプ米大統領の首脳会談を、6月末にワシントンで開催することで米側と原則的に合意したと明らかにした。訪韓している米国家安全保障会議(NSC)のポティンガー・アジア上級部長との協議で固まった。

 大統領府は協議で、北朝鮮核問題を巡り「制裁と対話」を含む全ての手段を動員することや、北朝鮮との対話は「正しい条件が整った時」に可能になるとの認識で一致したとも明らかにした。