王者田中とアコスタに異常なし WBO世界戦予備検診

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 WBOライトフライ級タイトル戦の予備検診後、ポーズをとる王者の田中恒成(右)と挑戦者のアンヘル・アコスタ=16日、名古屋市

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチ(20日・武田テバオーシャンアリーナ)の予備検診が16日、名古屋市内で行われ、初防衛を目指す王者の田中恒成(畑中)と同級1位のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)はともに異常なしと診断された。

 身長は1・2センチ、リーチが0・3センチ、田中が上回った。2月に行われた同級指名挑戦者決定戦の視察でプエルトリコに訪れたとき以来の顔合わせに「今回は対戦相手。必ず勝つ」と気合を入れた。アコスタは「十分準備してきた。あとは試合を待つだけ」と淡々と話した。