パナソニックがPC用電池回収 27万9千個、発火16件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 パナソニックは16日、タブレット型パソコン「タフパッド」のバッテリーパックに発火の恐れがあるとして、計27万9346個を対象にリコール(無料の回収と交換)を実施すると発表した。これまで国内外で計16件の発火事故が起きており、同社はすぐにパソコンから取り外すよう呼び掛けている。けが人は出ていないという。

 対象となるのは、タフパッド「FZ―G1」シリーズの9機種に搭載されたバッテリーで、2013年1月から17年3月に製造。日本のほか、北米や欧州、オーストラリアなどで販売された。

 問い合わせはフリーダイヤル(0120)870163。