阪神・西岡が2軍の練習に合流 「体づくりはできた自信がある」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2軍の練習に合流し、ノックを受ける阪神・西岡=鳴尾浜

 昨年7月に左アキレス腱を断裂した阪神の西岡が16日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で2軍の練習に合流した。軽快な動きでノックや走塁練習をこなし「しっかりプレーできる体づくりはできた自信がある。不安という未知の部分があるけど、それ以上に期待が大きい」と話した。

 掛布2軍監督は「動きはいいと思う」とし、実戦復帰の時期について「状態が良ければ指名打者で5月末くらいにと、本人と話している」と語った。