「共謀罪」与党17日採決の構え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院法務委の理事会に臨む鈴木淳司委員長(中央)と各党会派の理事ら=16日午後

 自民、公明両党は「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、17日の衆院法務委員会で採決を強行する構えだ。廃案を狙う民進、共産、自由、社民の4野党は、採決阻止へ金田勝年法相の不信任決議案を提出する方針。鈴木淳司委員長(自民党)は16日の同委理事会で、17日に安倍晋三首相が出席する質疑を行うと職権で決めた。与野党の攻防は激しさを増した。

 法相不信任案が提出された場合、17日の法務委採決は見送られる。自公両党は18日の衆院本会議で不信任案を否決した上で、翌19日に法務委で改正案を採決する考え。