岩手県に大量不審メール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 岩手県は16日、個人情報が抜き取られるファイルが添付された可能性のある不審なメールが、県職員の延べ約2千のアドレスに届いたと明らかにした。情報流出などの被害は確認されておらず、世界各国でサイバー攻撃に使われた「ランサム(身代金)ウエア」との関連を慎重に調べる。

 県によると、メールは16日早朝から各部署の職員に届き始めた。メールアドレスの個人名などが間違っていたため届かなかったものを含めると、延べ1万以上のアドレスに送られたとみられる。