シャラポワ、全仏出場できず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 マリア・シャラポワ(ゲッティ=共同)

 【ローマ共同】28日に開幕するテニスの四大大会第2戦、全仏オープンの主催者は16日、同大会の予選と本戦の主催者推薦枠による出場選手を発表し、4月末にドーピング違反による1年3カ月の資格停止処分から復帰した女子のマリア・シャラポワ(ロシア)は含まれず、出場の道が絶たれた。

 現在世界ランキング211位のシャラポワは全仏オープンの予選出場権を得られず、主催者推薦以外で出場できない状況だった。英BBC放送(電子版)によると、フランステニス連盟のジュディチェリ会長は「けがからの復帰に対する主催者推薦はあり得るが、ドーピングからの復帰にはあり得ない」と説明した。