NY原油、5日ぶり反落 終値48ドル台

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク原油先物相場は5営業日ぶりに反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の6月渡しが前日比0・19ドル安の1バレル=48・66ドルで取引を終えた。

 朝方は、サウジアラビアとロシアが協調減産を9カ月間延長することで合意したことが引き続き材料視されて買いが先行した。その後は17日の米週間石油統計の発表を前に利益確定売りも広がり、マイナスに転じた。