NY株小幅反落、2ドル安 ナスダックは過去最高値

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=16日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はトランプ米大統領の政権運営への不安などから小幅反落し、前日比2・19ドル安の2万0979・75ドルで取引を終えた。

 大規模なサイバー攻撃が起きたことで情報セキュリティー需要が拡大するとの見方が広がり、ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・20ポイント高の6169・87と2日連続で終値の過去最高値を更新した。

 ダウ平均は、朝方は買い優勢で始まった。その後は4月の米住宅着工件数が予想に反して減少したことが意識されて売りを誘い、マイナス圏に沈んだ。