原爆死没者名簿を風通し、広島 30万3195人分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 原爆慰霊碑前で行われた原爆死没者名簿の「風通し」=17日午前、広島市の平和記念公園

 広島市中区の平和記念公園で17日、原爆慰霊碑下の石室に納められた30万3195人分、111冊の原爆死没者名簿を取り出し、湿気を取り除く「風通し」が行われた。毎年梅雨入り前に、市職員が状態を確認している。

 晴天の下、市職員約20人が原爆投下時刻の午前8時15分に黙とう。修学旅行生や観光客が見守る中、石室から名簿を取り出して慰霊碑の前に並べ、職員が一枚一枚、丁寧に風にさらした。

 名簿は和紙で、名前と年齢、亡くなった年月日を記している。昨年の風通しから5511人分が書き足され、2冊増えた。