サッカーU20W杯、20日開幕 開催地・韓国で日本代表健闘誓う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソウル日本人学校で生徒らとのミニゲームを楽しむ、サッカーU―20W杯の日本代表選手ら=17日(共同)

 【ソウル共同】韓国で20日に開幕するサッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に臨むU―20日本代表が17日、ソウル日本人学校で児童生徒らと交流した。最年少15歳の久保(FC東京ユース)がリフティングを披露すると計約420人の全校児童生徒から歓声が上がった。

 17日に韓国入りした選手は、金浦空港からバスで学校に直行。小学部の児童らとPK対決、中学部の生徒らとはミニゲームを楽しんだ。

 日本は21日に南アフリカと初戦を戦う。学校側は各クラスで寄せ書きした国旗を贈り、主将の坂井(大分)は「いい結果を出せるよう頑張るので応援に来てください」と話した。