BPO人権委がMX番組審理へ 「ニュース女子」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 1月に東京MXテレビが放送した番組「ニュース女子」の一場面

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は17日までに、東京MXテレビの情報バラエティー番組「ニュース女子」を審理することを決めた。沖縄県の基地反対運動の「黒幕」であるかのように報じられて名誉を侵害されたとして、ヘイトスピーチ(憎悪表現)反対団体「のりこえねっと」の辛淑玉共同代表が申し立てていた。

 対象になったのは1月の2日と9日に放送された同番組。申立書などによると、番組は沖縄の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事に反対する運動を取り上げ、参加者を「テロリストみたい」などと表現し、「黒幕の正体は?」と字幕で表示した。