環境省、除染土再利用の試験公開 放射性物質に細心注意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 放射性物質の飛散を防止するテント内で行われる除染土の分別作業=17日、福島県南相馬市

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土の再利用を目指している環境省は17日、福島県南相馬市小高区の仮置き場で進めている実証試験を報道陣に公開した。実証試験は再利用の安全性などを確認する狙い。放射性物質を飛散させないように細心の注意を払いながら、作業が進められていた。

 除染土はまず保管用袋から取り出され、異物を除去するふるい機にかけられる。放射性セシウムの飛散防止のため、作業はテント内で行われていた。現場には、放射線量の測定機器も設置されていた。