来秋、オールブラックスと対戦 ラグビー日本代表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見で手を合わせる(左から)ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ、ニュージーランド・ラグビー協会のスティーブ・チューCEO、日本ラグビー協会の岡村正会長=17日午後、東京都内のホテル

 日本ラグビー協会は17日、世界ランキング11位の日本代表が来年11月3日にワールドカップ(W杯)2連覇中で同1位のニュージーランド代表「オールブラックス」と国内でテストマッチを行うと発表した。対戦成績は日本の5戦全敗で、13年11月以来の来日となる。会場は未定。

 東京都内で記者会見が開かれ、日本とニュージーランドの代表選手だったジョセフ日本代表ヘッドコーチは「大きな挑戦。19年W杯の準備として必要な試合」と歓迎。世界最強チームとの対戦に向けて「最高のラグビーをしないといけない。オールブラックスとも(十分に)戦えるという自信を培うことが重要」と意気込んだ。