ロケットエンジン燃焼実験に成功 北海道のベンチャー企業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インターステラテクノロジズが開発しているロケットエンジンの120秒間燃焼実験の映像=17日午後、北海道大樹町(同社提供)

 小型ロケットを開発しているベンチャー企業、インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は17日、1号機打ち上げに向けた最終段階として、120秒間のエンジン燃焼実験に成功した。今後機体の組み立てを本格化し、早ければ年内にも打ち上げに踏み切る。打ち上げが成功すれば、民間単独で宇宙空間に到達するのは日本初となる。

 開発しているのは全長9・6メートル、重さ約1トンの観測ロケット。大気圏と宇宙空間の境界とされる高度100キロに到達可能な液体燃料エンジンの完成を目指してきた。今回の実験は、大樹町内の海岸近くで、実際の打ち上げとほぼ同じ条件下で行ったという。