日韓、慰安婦問題で溝 岸田外相と大統領特使が会談

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 岸田外相と会談後、取材に応じる韓国大統領特使の文喜相氏=17日午後、外務省

 岸田文雄外相は17日、韓国の文在寅大統領が特使として日本に派遣した文喜相国会議員と外務省で会談し、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意の重要性を指摘した。文特使は「韓国国民の大多数が受け入れられない雰囲気だ」と伝え、日韓の溝が改めて表面化した。双方は未来志向の関係構築では一致。北朝鮮対応での米国を交えた連携強化も確認した。

 文特使は会談後、文大統領が選挙戦で掲げた「合意の再交渉」には触れなかったと記者団に説明。「未来志向で双方の首脳が頻繁に会い、努力しようと話した」と述べた。文特使は18日に安倍晋三首相と会談する。