大分の音楽祭で小澤氏協演 アルゲリッチ氏と協奏曲

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 別府アルゲリッチ音楽祭で、演奏を終え花束を手にする小澤征爾さん(左)とマルタ・アルゲリッチさん=17日夜、大分市(代表撮影)

 大分県で開かれている「別府アルゲリッチ音楽祭」に、世界的指揮者の小澤征爾さん(81)が17日、初めて参加し、総監督を務める水戸室内管弦楽団とアルゼンチン出身のピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんがベートーベンの「ピアノ協奏曲第1番」で協演した。

 アルゲリッチさんは小澤さんと視線を交わしながらピアノを弾き、繊細さと大胆さを併せもつ旋律で観客を魅了。約2千人の観客は、演奏が終わると歓声を上げて盛大な拍手を送った。

 アルゲリッチ音楽祭は6日から26日までの予定で、大分市や別府市で開催されている。