新規不動産融資が過去最大に 1~3月期、全体の3割弱

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日銀は18日、金融機関が2017年1~3月期に、不動産業へ新たに貸し出した設備資金が、前年同期比1・7%増の4兆4858億円となり、四半期ベースで過去最大となったと発表した。全体の新規貸出額のうち、3割弱を不動産向けが占めた。

 日銀の大規模な金融緩和やマイナス金利政策による低金利を背景に、アパートやマンション建設への融資が伸びた。不動産投資信託(REIT)にも資金が向かった。

 金融機関別では、銀行が0・7%増の3兆7702億円、信用金庫が7・4%増の7156億円。それぞれ過去最高となった。