武井、プロをうならす登り 「東京五輪ひそかに狙う」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 イベントに登場した武井壮=18日、東京都内

 タレントの武井壮が、東京都内で行われた、人工の壁を登るスポーツクライミングのPRイベントに登場。44歳ながら、陸上競技で培った身体能力で、世界トップクラスのプロ選手をうならせる登りをみせた。

 18~21日に都内で開催される「三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020」は、20年東京五輪での実施が決まったスポーツクライミングを気軽に体験できる催し。

 今でも毎日1時間のトレーニングは欠かさないという武井。高さ3メートルの「ボルダリング」種目用の壁を楽々登ると、速さを競う「スピード」種目に挑戦し、5秒13のタイムをマーク。日本を代表するクライマーの野口啓代選手も「一般の挑戦者で5秒台が出る人はそうはいない」と目を丸くしていた。

 陸上・十種競技の元日本王者でもある武井は、スポーツクライミング普及への貢献を誓いつつ「僕もひそかに(東京五輪)出場を狙う」と、アスリート魂に再び火がついた様子だった。