スーパーの缶ビール値上がり 6月、安売り規制で奨励金見直し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 スーパーでまとめ売りされる缶ビールの一部が値上がりしている。6月に国税庁が「安売り規制」を強化するのに伴い、メーカーや卸売会社がスーパーに支払う販売奨励金を抑制し、値引きの原資が減ったためだ。政府が規制を強める真意は小さな酒屋の保護にあるが、家計には負担となりそうだ。

 データ分析会社「カスタマー・コミュニケーションズ」(東京)が全国のスーパーで売られている350ミリリットル6本セッを調査、4月の店頭平均価格はアサヒビールの「スーパードライ」が1031円、キリンビールの「一番搾り」が1033円と、昨年12月と比べてそれぞれ30円ほど上昇していた。