JDI、社長人事を撤回 有賀氏が一転続投へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は18日、東入来信博副会長執行役員(68)が次期社長に内定していた人事を撤回し、有賀修二社長(58)が続投する人事を発表した。東入来氏は代表権のある会長に就任し、最高経営責任者(CEO)も兼務する。6月21日付。上場企業が内定した社長人事を変更するのは異例だ。

 広報担当者は有賀氏について「液晶事業に詳しく、今回の人事が最適と判断した」と説明した上で、東入来氏がトップであることに変わりはないとした。JDIは17年3月期の純損益が3年連続の赤字、構造改革を進めるには事情に詳しい有賀氏が必要と判断したとみられる。