レスリング伊調、将来を「模索」 イベントで心中を吐露

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 イベントでテープカットをするレスリング女子で五輪4連覇の伊調馨=東京都墨田区

 昨夏のリオデジャネイロ五輪レスリング女子で五輪4連覇を達成した伊調馨(ALSOK)が18日、東京都内で開かれたイベントに出席し、今後の去就について「自分の将来、生きるべき道を見つけている。選択肢がたくさんある中で何を選ぶかを模索している」と心中を吐露した。リオ五輪を最後に休養しており、現在はトレーニングをしていないという。

 イベントではカフェやフィットネススタジオなどを備えた新たな施設のオープン記念のテープカットも行った。「こうしたイベントや他の競技の練習を見たり、インタビューをしたりする機会が多い。もうちょっとこの生活を楽しみたい」と話した。