巨0―1ヤ(18日) ヤクルトが競り勝つ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 6回途中まで無失点で4勝目を挙げたヤクルト・石川=東京ドーム

 ヤクルトが競り勝った。三回1死三塁で石川の内野ゴロの間に貴重な1点を挙げた。石川は投げても六回途中まで走者を出しながら無失点で粘り4勝目。秋吉が6セーブ目。巨人は2試合連続で零敗を喫し、勝ち越しがなくなった。