後輩から「指導料」百万超 巡査部長処分、沖縄県警

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 沖縄県警は18日、後輩警察官6人に「指導料」と称して飲食代やタクシー代を支払わせたとして宜野湾署の男性巡査部長(33)を停職6カ月の懲戒処分とした。支払いは約2年間で計約109万円分に上り、巡査部長は同日付で依願退職した。

 県警によると、巡査部長は2014~16年、後輩とキャバクラや居酒屋などに行った際、計約109万円を支払わせた。これ以外に「仲間の印」として自分と同じメーカーの腕時計(約2万~4万円)を7人にそれぞれ購入させた。