東京円、111円台半ば

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 19日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台半ばで取引された。

 午後5時現在は、前日比56銭円安ドル高の1ドル=111円47~48銭。ユーロは69銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円16~20銭。

 前日に米国の主要株式指数が反発したほか、米経済指標も堅調だったことから、投資家のリスク回避姿勢が後退。比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「取引の手掛かりとなる材料が乏しく、もみ合いとなった」(大手銀行)との声があった。