三社祭、みこし100基威勢よく 東京・浅草

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中日の連合渡御を迎え、大勢の人でにぎわう浅草神社の三社祭=20日、東京都台東区

 下町に初夏の訪れを告げる浅草神社(東京都台東区)の三社祭が20日、中日の連合渡御を迎えた。44ある町会のみこし約100基が商店街などを威勢よく練り歩き、下町に活気をもたらした。

 みこしは正午ごろから1基ずつ順に神社でおはらいを受け、それぞれの町会に出発。そろいの法被に鉢巻き姿の男女の担ぎ手が「えっさ、えっさ」と大きな掛け声でみこしを揺らすと、集まった観光客らは勇壮な姿に見入っていた。

 夫婦で初めて訪れたという東京都板橋区の主婦下川芳子さん(60)は「間近で見ると迫力がすごい」と興奮した様子だった。