ソフトバンク、10兆円ファンド

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ソフトバンクグループは20日、IT分野のベンチャー企業などに投資する10兆円規模のファンド設立を正式に発表した。米アップルなど世界的な企業や有力ファンドが出資者として名を連ねた。成長が期待される人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)など最先端技術への投資額で世界最大となる可能性がある。

 ファンドは「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で、孫正義社長がサウジアラビアを訪問し、最終調整していた。

 今後5年間でソフトバンクとサウジの政府系ファンドは計700億ドル(約7兆8千億円)超を出資。台湾の鴻海精密工業とその傘下のシャープなども参画する。